グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム > 診療科・部門のご案内 > リハビリテーション部

リハビリテーション部


永生会リハの中核を担う永生病院リハビリテーション部スタッフの組織は「病棟・科別」と「療法分野別」の2元で構成されています。

内科的な疾患の検査・治療を目的とした患者さまを対象とした病棟です。


急性期(一般病棟)から回復期(回復期病棟)、さらにはスムーズな退院に向けての在宅支援まで一貫したリハビリテーションの提供をおこないます。


リハビリテーション医療を目的として入院された方で、厚生労働省が設けている基準に当てはまる患者さまは、この病棟で必要な期間、集中的リハビリテーションを受けることができます。


地域包括ケア病棟は、病状が安定した後、安心してご自宅に帰るためにお身体の状態を整え、ご自宅での生活の準備を行うために入院する病棟です。


「安心して、自分らしく、楽しい生活を!」がモットー。
主に認知症の高齢者に集団作業療法と各種個別リハを提供しています


急性期医療を終え、病状が安定したものの、なお継続的な入院加療を必要とする慢性疾患の患者さまが入院する施設が療養病棟です。


社会復帰をお手伝いする良きパートナーでありたい!
患者さまの障害、障害者のスポーツ参加援助、健康指導と多分野で活動


「その人らしい生活のコーディネーター」がモットー
「作業活動」を通して諸機能の回復・維持・開発を促します


言葉によるコミュニケーション機能障害と「食べること」の障害の回復をお手伝いします。


トップへ戻る