グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム > 病院紹介 > 病棟のご案内 > 一般病棟(内科、整形外科)

一般病棟(内科、整形外科)


病床数:146床
3A病棟(内科) 50床
3B病棟(内科) 54床
3C病棟(整形外科) 42床
永生病院の新館3階に位置する3A、3B、3Cの計3病棟が一般病棟です。
3A・3B病棟の特徴は、肺炎、心疾患、脱水、食欲低下による栄養障害などの急性疾患の治療、また脳血管疾患、呼吸器疾患、糖尿病などの慢性期疾患の急性増悪にたいして治療する病棟です。
3C病棟は整形外科病棟で、平均在院日数21日以内で、年間900名の入院・退院患者数がある病棟です。骨折や関節運動障害、神経障害等に対し、年間約300~400件の手術や検査、治療を行っています。

病棟紹介

私たちは、八王子市や近隣にお住まいの皆さまに「安全・安心」な医療とリハビリテーションを提供できるように 病棟内や院外での勉強会に積極的に参加し、自己啓発に努めています。
一般病棟(内科)は、おもに、肺炎や心不全など高齢者に多い日常的な病気の入院治療とリハビリテーションを提供しています。
南多摩病院、永生クリニックおよび八王子市を中心とした地域の診療所からの紹介で入院される患者さま、あるいは、在宅療養中の患者さまや老人保健施設、特別養護老人ホームなどに入所されている方の緊急入院、さらには、永生病院の他病棟に入院している患者さまの合併症等の転棟加療にも対応しています。

一般病棟(内科)のリハビリテーション

内科的治療と並行したリハビリテーション。身体・精神機能の廃用進行予防、急性増悪後の機能回復を図ります

一般病棟(内科)は、呼吸器、循環器など内科的な疾患の検査・治療を目的とした患者さまを対象とした病棟です。
この病棟では、内科的治療と並行し、臥床による身体・精神機能の廃用の進行予防、急性増悪後の機能回復を図るリハビリテーションを実施し、患者さまの病状に合わせたリハビリテーションを、患者・ご家族さま、主治医、病棟スタッフ、リハスタッフ、MSWがチームとなって進めていきます。

一般内科病棟(内科)のリハビリテーションには以下のような特徴があります
■理学療法士(Physical Therapist:PT)
  • 呼吸器・循環器を中心とした内部障害系リハビリテーション
  • 治療による寝たきりを予防する早期離床アプローチ
  • 脳血管障害、運動器疾患のリハビリテーション
■作業療法士(Occupational Therapist:OT)
  • その『人』らしさを引き出す入院生活の提供
  • 心肺機能への負担を考慮した生活動作の練習・指導
  • 院内デイケア「どんぐり」の運営マネジメント
■言語聴覚士(Speech Therapist:ST)
認知症や高次脳機能障害へのリハビリテーション
種々の摂食嚥下障害に対するリハビリテーション
難病や高位頸椎損傷の患者様に対するコミュニケーション支援
■チームアプローチ(Teem Approach)
多職種によるリハビリテーションカンファレンス
病棟スタッフとの協働による季節イベントの運営
管理栄養士との食形態・必要カロリー量の検討
患者さまの病状にあわせた食事・トイレ・入浴当の介助方法検討
嚥下内視鏡(VE)、嚥下造影検査(VF)の実施

院内デイケア「どんぐり」

「どんぐり」とは、一般病棟(内科)で行われている院内デイケアのことを言います。
入院している患者さまはリハビリ等がないとベッドか部屋で過ごす事が多くなってしまいます。
そこで、「病室以外に患者様が心地よく、安心していられる、そしてその『人』らしい過ごし方が出来る空間があったらどうだろう?」とスタッフ(看護師、ケアワーカー、リハビリ)で考え、みんなが居られる場所をつくりました。それが「どんぐり」です。
歌や習字、絵描き、ゲームやクイズなどのレクリエーションや趣味の活動、仲間との交流を通じ、心身機能の維持・改善、日常生活動作(ADL)の低下予防に役立てています。

どんぐりの由来は?

永生病院が建つこの「八王子市椚田町」は緑豊かな丘陵地帯にあり、古くから人が住み、縄文時代の遺跡からも集落のあとが見られるといいます。「どんぐり」の名前の由来は「椚田町」の「椚(クヌギ)」にあります。椚(クヌギ)はブナ科の落葉髙木で材は薪炭材として最高の品質で、樹皮や葉は染料や薬にもなり、昔から八王子市民の生活を支えてくれた大切な植物であったことから「どんぐり」命名しました。

一般病棟(整形外科)のリハビリテーション

急性期から在宅復帰まで一貫したリハビリテーションを提供。医療チームが毎週、患者さまの状態についてカンファレンス

■整形班の機能について
整形班のリハビリテーションは急性期(一般病棟)から回復期(回復期病棟)、さらにはスムーズな退院に向けての在宅支援まで一貫したリハビリテーションの提供をおこないます。
対象は主治医の判断によりリハビリテーションが必要と認められた方で、急性疼痛などにより日常生活に支障をきたした方、手術を行なう予定の方、他病院や他施設からリハビリ目的に当院へ入院された方などになります。 
チームスタッフ間で密な連携を図りより良い医療を提供するために、主治医・リハスタッフ・放射線技師・病棟看護師・手術室看護師が毎週集まり、全ての患者さまの術前・術後カンファレンス、勉強会などをおこなって情報の共有化を図っています。
■クリニカルパスについて
クリニカルパスとは、質の高い医療を患者さまに提供するために、入院から退院までの計画を立てたものです。
このクリニカルパスによって無駄のない診療やリハビリテーションを行っていくことができ、より良い医療を患者さまに提供することができます。
当院では、人工骨頭置換術、膝関節鏡視下手術、両側人工膝関節置換術の3種類のクリニカルパスを、患者さまの状況に応じて使用しております。
トップへ戻る