グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム > サポート体制 > 薬剤科

薬剤科


薬剤科では、院内で使用される薬剤の管理・調剤を通し、チーム医療を担う一員として患者様へ適切な医療を提供することに努めています。
薬剤の情報提供をはじめとした薬剤関連の事柄において、医師や看護師など多職種間での連携を図り、薬剤師としての役割を果たすことを目標に掲げ、日々尽力しています。


薬剤科メンバー

  • 薬剤師:7名
  • SPD:2名(※)
※ SPD(物流管理):Supply Processing & Distribution(補充・作業、方法・配給物流)

調剤業務

オーダリングシステムにより医師が処方を行い、その内容を薬剤師が確認し薬剤を調剤します。

内服薬

定期薬(各病棟で開始日を定め、主にそこから7日分の処方)の調剤を行い、指定の曜日に各病棟与薬車で払い出します。また臨時薬は処方の都度調剤を行います。

外用薬

内服薬同様、定期薬と臨時薬の調剤を行います。

注射薬

主に翌日の注射薬調剤し、病棟への払い出しを行います。薬剤の当日の臨時薬はその都度調剤を行います。
翌日分調剤時は病棟別のピッキングリストにより薬剤を集めることで、取り違いのリスクを低下させています。

製剤業務

クリーンベンチ、安全キャビネットを備えています。
現在は中心静脈栄養(TPN)の混注業務を行い、病棟へ払い出しています。

DI業務

適正な薬物治療を促進するために、医師・看護師・患者さまその他すべてのスタッフを対象に、薬に関する情報を広く収集し、整理・加工して提供するように努めています。

患者様への薬の正しい使い方や、副作用情報はもとより、他の医療スタッフに対しては、新たな重篤な副作用情報や医薬品の適正使用(正しい使い方:疾患に対する用法・用量や副作用の早期発見にもつながる使用中に必要な検査の実施等の情報)について情報提供する事により、適正な薬物療法に貢献しています。

病棟業務

服薬指導

主に2階病棟、3階病棟、4階病棟で服薬指導を行っています。薬剤師全員が時間を分けて服薬指導を行うことを目指しています。
トップへ戻る