みなみ野病院(仮称)院長挨拶

永生会は、『街づくり、人づくり、想い出づくり』というビジョンをもとに、八王子の地でシームレスな医療・介護・福祉を提供しています。急性期の南多摩病院、回復期・慢性期の永生病院、老健のイマジン・マイウェイ四谷・オネスティ南町田、グループホーム寿限無、在宅の永生クリニック・クリニックゼロ、訪問看護ステーション5事業所・居宅介護支援事業所3事業所・地域包括支援センター2ヵ所が、法人内・地域と連携しながら、その方の病状とニーズに合わせた治療、ケア、そして本格的リハビリテーションを提供し、地域を支えています。

 来春、みなみ野の地に新病院を開設することになりました。私は、永生病院の院長という立場で培ってきた経験を活かしながら、みなみ野の地域を支えるために必要なことを、積極的に取り入れていきたいと考えています。
新病院は、人材育成を重視して、利用してよかったなと思える病院、つまりは『ハートフルな病院』にしたいと考えています。ここで、5つのメッセージをお伝えいたします。

地域を支える病院に
八王子みなみ野は、クリニックや施設は充実しているが、入院できる病院がほとんどないという点が地域のニーズです。このニーズに応え入院機能を持った病院が、『地域を支えるみなみ野病院』であります。

「家に帰りたい」を実現する
「家に帰る」ために、自宅生活に必要なリハビリテーションを提供します。そして、自宅へ戻った後もリハビリテーションを継続的に行い、安心して過ごせるように支えていきます。もし、退院後に体調を崩されても再入院して治療いたしますので、安心して退院していただけます。

外来機能は地域のクリニックに
地域にはクリニックが充実しているので、新病院には当初から外来を持たず、地域のクリニックがかかりつけ医としての外来機能となり、入院が必要になれば、外来時間内ならすぐ受入れができるようにいたします。夜間・休日に入院が必要になれば、南多摩病院など連携した救急病院が受入れ対応をします。

働きやすい病院に
ステップアップしたい方、自宅に近い職場で働きたい方、資格をお持ちだが、家庭の事情でお仕事から離れた方、現場に戻る自信がない方、子育てママなどが働きやすい環境を用意しています。オープン前に永生病院にて復職支援システムで研修を受け、院内保育所を利用して安心してお仕事をしていただきたいです。また、職場までの移動は、最寄のJR横浜線八王子みなみ野駅からシャトルバスを運行する予定です。

介護の力はますます重要に
介護職のケアは、病院の中で非常に重要な仕事だと思っています。患者様の医療面のケアは看護師の皆さんの仕事ですが、生活面のケアは介護職の皆さんの力にかかっています。是非、チーム医療の一員として患者様の心に寄り添い、技術を習得してスキルアップを図れる場にしてほしいです。

皆さんと一緒になって、オンリーワンの『ハートフルな病院』を作っていきましょう!


みなみ野病院
病院長 飯田 達能

医療法人社団永生会 診療統括部長

 

 

 

4つの病棟機能を有する入院専門の病院

集中的リハビリ

「リハビリテーション病棟」にて、脳卒中や大腿骨の骨折などの発症後、すぐにご自宅へ復帰するには不安がある方に、 早期回復に向けたリハビリテーションを手厚く行います。


●対象となる方
急性期での治療や安静時期を終了した脳卒中、大腿骨骨折、腰椎圧迫骨折の方等でリハビリテーションが必要な方。

中長期的な治療

中長期的に医学的治療が必要な患者様の入院を療養病棟で対応します。 長期入院だけではなく在宅復帰も視野に入れており、ひとりひとりに合った治療とリハビリテーションを行います。


●対象となる方
急性期の治療後、酸素や中心静脈栄養、気管切開、神経難病など医学的管理とともに看護、介護、リハビリを必要とする方。

緩和ケア

がんなどによる苦痛や不安を和らげ、患者様が自分らしく穏やかな生活ができるよう治療や支援を行います。


●対象となる方
がんの方などで、一時入院で痛みの緩和、ご本人、ご家族のレスパイトが必要な方など。

通所リハビリテーション

ご自宅で生活されている介護保険をお持ちの方を対象に、安全で活気ある生活ができるようお手伝いすることを目的に、 日帰りでリハビリテーションなどを提供するサービスです。※春以降開設予定

  

●対象となる方
要支援・要介護の方の通所リハビリでの身体機能・生活レベルの向上が必要な方。

お問い合わせ