グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


救急救命士



体制と目標

平成27年6月より、救急救命士科新体制が開始され、救急医療の専門職である救急救命士が現在7名所属しています。
南多摩病院の救急医療の発展のために24時間365日救命士の配置を目指し、今後更なる業務拡充を図ります。

搬送業務

当院では、病院所有の救急車をフルに活用し、八王子市在宅療養患者救急搬送支援システム・精神障害者早期訪問支援事業・病院(施設)間搬送の、柱となる3つのミッションを基に救急救命士が軸となり現場活動を実施しています。

業務内容

必要資器材検討、車内整備
  • 関連マニュアル・活動要領作成、改訂
  • 搬送記録入力、データ管理・統計
  • 乗務スタッフ(看護師)教育
  • ドライバー教育プログラムによる機関員養成

転院搬送現場

病院救急車出動時の流れ

  1. 病院救急車要請電話対応
    (搬送概要、要請までの経過、患者状態の聴取)
  2. 救急科部長に出動許可要請
  3. 関係者間で出動時間などの調整
  4. 出動準備(資器材積み込み、乗務スタッフ確保)
  5. 乗務スタッフ出動前ミーティング
  6. 出動~帰院
  7. 片付け
  8. 運行管理簿、患者搬送記録作成

院内業務

救急救命士科の配置により、医師・看護師・救命士が分業化を図れるようになったため、診療効率が向上し、より多くの救急患者の受け入れが可能となりました。
主な院内業務をご紹介いたします。

①行政救急隊からのホットライン対応

②診療・処置・検査を行う医療職への介助

③カルテ入力
(医師事務作業補助研修修了)

④ER日常点検

⑤物品管理

⑥薬剤管理

⑦車両管理

⑧出動記録入力、データ管理

⑨患者相談窓口対応

院外活動

消防機関に属さない病院救命士は、卒後教育の制度が確立していません。
そのため、活動の場を院内に留めることなく、自ら率先して院外での活動に出向き、救命士としての自己研鑽や社会貢献に取り組みます。

活動内容

  • 研修参加(JMAT、AMAT、各種防災訓練資器材検討、医師事務作業補助、ユマニチュード)
  • 学会発表(東京都病院学会、全日本病院学会、臨床救急医学会)
  • 災害医療支援活動(熊本)

熊本地震災害医療支援における救命士業務

  1. 持ち出し医療材料・医薬品・資器材確保と車両積み込み
  2. 車両管理(毎日の点検、給油管理、車内清掃など)
  3. 救急車運転、助手業務(緊急走行マイクアナウンス、経路検索など)
  4. 資金管理と会計報告作成
  5. 食料調達
  6. EMIS入力、確認
  7. 持参物品の在庫管理と不足品手配
  8. 宿泊先手配、宿舎環境整備(清掃など)
  9. 写真撮影、活動記録作成
  10. 東京都・全日病・法人本部への安否連絡と活動報告(毎日)
  11. その他現地活動に必要な関係機関との連絡、調整

トップへ戻る