グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム > サポート体制 > 栄養科

栄養科


私たち管理栄養士は医療技術部の一部門として、医師、看護師、リハビリ、介護スタッフなどの多職種と協力し、チームで栄養ケアを推進しております。食事の面から病気の治癒・回復・合併症の予防を目指して、適正な栄養管理と給食管理の両方で患者様をサポートしています。
食事については、目で見て楽しく、おいしい食事であることはもちろん、医師の指示に基づき患者様お一人お一人の病態や、咀嚼・嚥下能力にあった食事形態にてお食事を提供しています。また、食事内容をご理解していただけるよう、患者様・ご家族様に対して、栄養指導と相談を行っています。

栄養科のご紹介

1.給食管理業務
入院中、患者様が快適に過ごせるよう、季節感を考慮した献立作成に取り組んでおります。

常菜

刻み食

ソフト食

ペースト食

病状・食事形態・アレルギー等患者様一人一人に合わせたお食事の提供を行っております。
お食事内容に関しては、お気軽にお問合せ下さい。
2.栄養管理業務
病棟栄養相談
入院中の患者様を対象に、栄養相談を行っております。糖尿病、高血圧症、脂質異常症、痛風、貧血、肥満症、肝疾患、腎疾患、消化器疾患、がん、低栄養、嚥下障害等を対象としております。
病棟カンファレンス参加
多職種で行われるカンファレンスに参加し、患者様の栄養ケアを行っております。
3.栄養管理委員会での取り組み
多職種と協力し、患者様に安全に楽しんでいただけるお食事提供をめざしております。
  • 参加職種:医師、看護師、言語聴覚士、管理栄養士、栄養士
  • 開催頻度:月1回
4.退院に向けたかかわり
ご退院される患者様や、ご家族様、その後利用される医療・福祉サービスの関係者の皆様へ、栄養情報提供書の作成をしております。

取得資格

西東京糖尿病療養指導士:1名
病態栄養専門(認定)管理栄養士:2名
トップへ戻る