グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 検査科 > 検査値について

検査値について


血液検査

蛋白

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
TP 総蛋白 6.6~8.1 g/dl 体に存在する多種類の蛋白質の総量。栄養状態や肝・腎機能の指標。
ALB アルブミン 4.1~5.1 g/dl 肝臓で合成される蛋白質。栄養状
態の悪化や肝障害の程度を反映して低下する。

肝・胆道系検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
AST
アスパラギン酸 13~30 IU/l 代表的な肝機能の指標。筋、心疾患などでも上昇する。
ALT
アラニンアミノトランスフェラーゼ 男性10~42
女性7~23
IU/l 肝臓や胆道疾患の指標で、高値になる。
LDH 乳酸脱水素酵素 124~222 IU/l ほとんどの組織や臓器に分布する酵素。血液疾患、心疾患、肝障害、悪性腫瘍などで上昇する。
ChE コリンエステラーゼ 男性240~486
女性201~421
IU/l 主に肝疾患で低下。有機リン中毒でも低下。脂肪肝で上昇。
ALP アルカリホスファターゼ 38~113 IU/l 肝・胆道系疾患、骨疾患などで上昇。
LAP ロイシンアミノペプチダーゼ 34~69 IU/l 黄疸の鑑別や肝・胆道系疾患の鑑別に有用で、高値となる。妊娠でも高くなる。
γ-GTP γ-グルタミルトランスペプチダーゼ 男性13~64
女性9~32
IU/l 肝・胆道系障害を調べる検査。飲酒習慣でも上昇する。
T-BⅠL 総ビリルビン 0.4~1.5 mg/dl 黄疸の程度を見る。肝・胆道系疾患、ある種の貧血で上昇。また、体質が関係する場合もある。
D-BⅠL 直接ビリルビン 0.00~0.40 mg/dl

心臓

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
CK
(CPK)
クレアチンキナーゼ 男性59~248
女性41~153
IU/l 心筋や骨格筋などの組織・細胞の障害を反映。心筋梗塞、筋ジストロフィーなどで上昇。
TnT 心筋トロポニンT(定性) (-) 心臓の筋腺維に含まれる蛋白。急性心筋梗塞発症時に上昇し、(+)となる。
H-FABP ヒト心臓由来脂肪酸結合蛋白(定性) (-) 心筋細胞脂質に局在する蛋白。早期における急性心筋梗塞の診断指標。

膵臓

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
AMY アミラーゼ 44~132 IU/l 主に膵臓や唾液腺から分泌される消化酵素。急性・慢性膵炎や耳下腺炎で上昇。

腎・尿道系検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
UN
(BUN)
尿素窒素 8~20 mg/dl 腎機能低下で高値となる。
Cr
(CRE)
クレアチニン 男性0.65~1.07
女性0.46~0.79
mg/dl 腎機能障害の程度を見る指標。種々の腎疾患で上昇。
UA 尿酸 男性3.7~7.0
女性2.6~5.5
mg/dl 痛風や腎機能低下で高くなる。

電解質

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
Na ナトリウム 138~145 mEq/l 体内での水分調節の割合を見る。腎疾患やホルモンの異常、脱水などで変化する。Caの値で骨のカルシウム状態を見ることはできない。
K カリウム 3.6~4.8 mEq/l
Cl クロール 101~108 mEq/l
Ca カルシウム 8.8~10.1 mg/dl

脂質検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
T-CHO
(TC)
総コレステロール 142~248 mg/dl 高脂血症とは血液中の総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロールのうちの少なくとも1つが病的範囲にある病気をいう。
TG 中性脂肪 男性40~149
女性30~149
mg/dl
HDL-C HDLコレステロール 男性40~90
女性40~103
mg/dl
LDL-C LDLコレステロール 65~139 mg/dl

糖尿病関連検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
Glu 随時血糖
空腹時血糖
73~139
73~109
mg/dl 採血時の血中ブドウ糖の濃度を示す。糖尿病診断のための基本的な検査。食事の前後で変動が大きい。
HbA1c ヘモグロビンA1c 4.6~6.2 過去約1~2ヶ月間の平均的な血糖値を反映している。長期血糖コントロールの指標。

貧血検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
Fe 血清鉄 40~188 μg/dl 貧血の病態把握を行うための基本的な検査。Feが低いと鉄欠乏性貧血が疑われる。
UIBC 不飽和鉄結合能 137~325 μg/dl

炎症検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
CPR C反応性蛋白 0.00~0.14 mg/dl 炎症で上昇し、回復とともに減少する。
血沈 赤血球沈降速度 (1時間値)
男性2~15
女性3~17
mm 炎症や貧血などがあると上昇する。

血液検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
WBC 白血球数 35.0~95.0 ×102/μl 白血病などの血液疾患や炎症性疾患の診断、経過観察に用いる検査。
RBC 赤血球数 男430~570
女376~500
×104/μl 貧血、多血症の診断に用いる基本的な検査。
Hb ヘモグロビン 男13.6~17.6
女11.3~15.2
g/dl 貧血などの血液疾患の検査。
Ht ヘマトクリット 男39.0~52.0
女33.0~45.0
貧血などの血液疾患の検査。
MCV 平均赤血球容積 80.0~101.0 fl 貧血の分類に用いる赤血球の指数。
MCH 平均赤血球血色素量 26.0~35.0 pg
MCHC 平均赤血球血色素濃度 31.0~36.0
PLT 血小板数 13.0~37.0 ×104/μl 出血を止めるという重要な働きがある。減少すると血が止まりにくくなる。
Reti 網状赤血球数 2.0~26.0 若い赤血球で、貧血の検査として有用。
Neut 好中球比率 35.0~75.0 白血球にはさまざまな種類があり、その比率から感染症、各種白血病、血液系の悪性腫瘍などの診断に有用。
Eosino 好酸球比率 0.0~10.0
Baso 好塩基球比率 0.0~3.0
Mono 単球比率 0.0~12.0
Lymph リンパ球比率 20.0~60.0

凝固線溶検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
出血時間 出血時間 1~5 皮膚に切り傷をつくり、そこからの出血が止まるまでの時間を測定する。止血までの時間が延びたら、血小板、凝固因子、血管の因子の異常を考える。アスピリンなどの薬剤を服用していると血が止まりにくくなる。
凝固時間 全血凝固時間 5~12 血液が試験管の中で固まるまでの時間を測定する検査。試験管の中で血液が固まるのに関わる因子の異常を調べる。
PT プロトロンビン時間
プロトロンビン活性
INR
10.0~13.0
80~120
0.90~1.13

外因系凝固機序を反映。凝固因子異常疾患、肝疾患やビタミンK欠乏症などによる凝固因子減少のスクリーニング、または経口抗凝固療法のモニタリングにも用いられます。
APTT 活性化部分トロンボプラスチン時間 26.0~38.0 内因系凝固因子活性のスクリーニングとして用いられます。
血友病やDICなどで延長します。
Fib フィブリノーゲン 170~410 mg/dl 凝固因子の1つ。凝固因子としての機能以外にも、感染や悪性腫瘍などで増加します。
極端に低下すると出血傾向も見られます。
FDP フィブリン・フィブリノゲン分解産物 5以下 μg/ml 体内で作られた血栓が溶けるとき(線溶)にできるフィブリンやフィブリノゲン分解産物の総称をFDPといい、DダイマーはFDPの一部です。DICや血栓症で高値となります。
特にDダイマーは深部静脈血栓症や肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)の診断に有用です。
Dダイマー Dダイマー 1以下 μg/ml

ピロリ菌検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
迅速ウレアーゼ試験 ウレアーゼ試験 陰性 胃カメラにて採取した胃粘膜組織にてピロリ菌の有無を調べる。
H.ピロリ抗体 抗ヘリコバクターピロリ抗体 陰性 尿中のピロリ菌に対する抗体を調べ、ピロリ菌の感染の有無を調べる。

肝炎検査

検査項目名 基準値 単位 検査の意味
HBsAg HBs抗原 (-) B型肝炎の検査。以前に感染したことがあれば(+)。
HCV HCV抗体 (-) C型肝炎の検査。以前に感染したことがあれば(+)。

尿検査

検査項目 基準値 検査説明
(-) 血糖値が160~180g/dl以上になると尿に糖が出てくるといわれています。 糖尿病や腎機能障害などで(+)になります。
妊娠やストレスなどでも(+)になることがあります。
蛋白 (-) 主に腎機能障害で(+)になります。
運動後やストレスなどでも(+)になることがあります。
潜血 (-) 尿中に赤血球が出現すると(+)になります。
腎臓・尿管の炎症、膀胱結石、腎・尿路系の悪性腫瘍などで(+)になります。 女性の場合、月経血が混入して(+)になることがあり、生理中は行いません。
ケトン体 (-) 糖尿病など血糖管理がうまくできていないに(+)になります。嘔吐、下痢などでも(+)になることがあります。
ウロビリノーゲン (±)
※(-)は異常
肝臓の機能低下や胆道の病気で(+)になります。
便秘でも(+)になることがあります。
尿沈渣 腎・尿路系の炎症や悪性腫瘍などで異常な細胞、赤血球・白血球の増加などが見られます。
トップへ戻る