グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


総合内科



医師紹介

関 裕

役職 副院長代行 兼 診療部長 兼 総合内科部長
得意分野 循環器 及び 救急診療
出身大学 聖マリアンナ医科大学

中嶋 直久

役職 循環器科部長
得意分野 循環器病学全般、虚血性心疾患、カテーテルインターベンション
出身大学 順天堂大学

吉岡 正剛

役職 内科部長
得意分野 呼吸器内科
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医

杉安 愛子


山内 俊一

役職 消化器内科医長
得意分野 上下部消化器内視鏡の診断・治療
出身大学 聖マリアンナ医科大学
資格 日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本内科学会認定内科医
■主な経歴
平成10年:聖マリアンナ医科大学病院 研修医
平成12年:聖マリアンナ医科大学病院 消化器・肝臓内科 入局
平成17年:秋田赤十字病院 消化器センター 国内留学
平成18年:聖マリアンナ医科大学病院 消化器・肝臓内科 助教
平成20年:聖秀会 担光陽病院(現:聖光ヶ丘病院) 内科
■自己PR
安全でご苦痛の少ない内視鏡検査を心がけております。特に早期癌の診断・治療について勉強してまいりました。
皆さまの胃・腸の健康にお役に立てましたら幸いです。また、慢性症状にお困りの方のお役に立てるよう漢方治療を勉強中です。
どうぞよろしくお願い致します。

吉田 幸永

出身大学 東京慈恵会医科大学
資格 日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
医学博士
■主な経歴
平成13年:三井記念病院
平成17年:東京慈恵会医科大学 内視鏡科
平成24年:国立病院機構西埼玉中央病院 消化器内科

國松 淳和

役職 総合内科・膠原病内科部長
得意分野 一般内科、不明熱・不明炎症の診療、自己炎症性疾患の臨床
出身大学 日本医科大学
資格 日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本内科学会総合内科専門医
■主な経歴
平成15年:日本医科大学付属病院第二内科
平成17年:国立国際医療センター 膠原病科
平成20年:国立国際医療研究センター国府台病院 内科/リウマチ科
平成23年:国立国際医療研究センター 総合診療科
■自己PR
  • 一般的な病気について、なるべく迅速に診断、個別に治療を考案し、 実践させていただきます。
  • 複数の大病院、専門家を回っても「よくわからない」「うちの科じゃない」とされてしまった症状でもなるべく十分お話を聞かせていただき、診断・治療の余地などについて検討させていただきます。
  • 遠くの大病院に行くことは望まず、なるべくこの地で、当院でできる範囲での治療をお望みであれば、最大級の工夫をして診療を継続させていただきます。

吉田 健太郎

役職 循環器科医長
得意分野 虚血性心疾患 心不全
出身大学 川崎医科大学
■主な経歴
平成17年:東京女子医科大学病院
平成21年:榊原記念病院
平成22年:荻窪病院
平成24年:東京女子医科大学病院
平成26年:西新井ハートセンター病院

鈴木 晶子

出身大学 山梨医科大学
資格 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本リウマチ学会リウマチ専門医

田村 夏子

出身大学 大分医科大学
東京医科歯科大学大学院
資格 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医

田中 雅貴

役職 脳神経内科医長
出身大学 杏林大学医学部
資格 日本神経学会神経内科専門医
日本内科学会認定内科医
■主な経歴
平成20年:杏林大学病院 初期臨床研修
平成25年:杏林大学病院 神経内科 入局
平成27年:杏林大学病院 神経内科 助教
■自己PR
患者さんに寄り添った医療を心掛けます。

好川 謙一

役職 消化器内科医長
出身大学 東京慈恵会医科大学
資格 医学博士
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
■主な経歴
平成21年:東京都立多摩総合医療センター 初期研修医
平成23年:東京慈恵会医科大学 消化器肝臓内科
平成26年:防衛医科大学校 内科学講座 消化器 助教 国内留学
平成28年:東京慈恵会医科大学附属第三病院 消化器肝臓内科 医員
■自己PR
主に病棟・内科外来・内視鏡検査室などでの診療を担当させていただきます。 専門にこだわらず患者様のニーズに応えられるよう努めていきたいと思いますので、 院内で見かけたらお気軽にお声掛け下さい。よろしくお願い申し上げます。

金久 恵理子

出身大学 東京医科歯科大学
資格 日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会専門医

光永 敏哉

得意分野 ER、プレホスピタル、集中治療
出身大学 東京慈恵会医科大学
資格 日本救急医学会救急科専門医
厚生労働省臨床研修指導医
東京消防庁救急隊指導医
日本病院総合診療医学会認定医
医学博士
病院前救護統括体制認定機構メディカルコントロール医師
BLS/ACLSプロバイダー
ICLSプロバイダー
■主な経歴
平成22年:東京慈恵会医科大学付属病院 初期臨床研修医
平成24年:東京慈恵会医科大学 救急医学講座 入局
平成27年:東京慈恵会医科大学 救急医学講座 助教
平成28年:L'hôpital Pitié-Salpêtrière service d'urgence / SAMU de Paris留学
令和 3年 : 千葉大学大学院医学薬学府 卒業

鈴木 一平

得意分野 一般内科
出身大学 広島大学
資格 日本内科学会認定内科医
■主な経歴
平成26年:国立国際医療研究センター病院 初期臨床研修医
平成28年:国立国際医療研究センター病院 総合診療科 後期研修医

吉岡 政洋

役職 名誉院長
得意分野 消化器内科
出身大学 広島大学
資格 医学博士
日本消化器病学会専門医
■主な経歴
昭和52年:慶應義塾大学医学部 研修医
昭和54年:国立大蔵病院内科
昭和56年:慶応義塾大学医学部助手
昭和58年:カリフォルニア大学サンフランシスコ校 research fellow
昭和61年:東京都国民健康保険団体連合会南多摩病院 消化器内科医長
平成5年:東京都国民健康保険団体連合会南多摩病院 副院長
平成6年:慶応義塾大学医学部客員准教授
平成11年:日本医師会認定産業医

田中 譲

得意分野 消化器内視鏡検査・治療
出身大学 日本大学
資格 医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器外科学会がん治療専門医
(日本感染症学会)感染制御医師(ICD)
(日本医師会)産業医
(日本医師会)スポーツドクター
■主な経歴
昭和60年:東京女子医科大学消化器外科学教室
平成13年:東京女子医科大学講師(消化器外科学)
平成13年:城東社会保険病院 放射線科部長 兼 外科部長
平成26年:南多摩病院 副院長
平成30年:みなみ野病院 副院長
令和元年:クリニックグリーングラス 院長
令和2年:みなみ野病院 院長
■自己PR
患者さんの立場に立った診療を心がけていきたいと思っています。

松本 清彦

得意分野 一般内科
出身大学 東北大学
■主な経歴
平成7年:松本クリニック(世田谷)院長
平成14年:新都心サザンテラスクリニック 院長
平成16年:新都心新宿クリニック 副院長
平成16年:松本クリニック開設 院長

好川 有希子

資格 日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医

井上 暖

得意分野 腎臓内科
出身大学 東京医科大学

尾久 守侑

得意分野 一般内科 精神科領域
出身大学 横浜市立大学
■主な経歴
平成26年:国立国際医療研究センター病院 総合診療科研修医
平成28年:慶応義塾大学医学部 精神・神経科学教室

松下 真弥

資格 日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医

黒澤 雄介

得意分野 一般内科、呼吸器内科
出身大学 日本大学

眞島 裕樹

得意分野 一般内科、精神科
出身大学 東京医科歯科大学
■主な経歴
平成29年:国立国際医療研究センター病院 初期研修医
平成31年:慶応義塾大学病院 精神・神経科 入局

小林 優佳

出身大学 横浜市立大学
■主な経歴
平成30年:国立国際医療研究センター病院 内科系コース研修医
令和2年:慶応義塾大学 精神・神経科学 専修医

丸山 友佑

出身大学 群馬大学
■主な経歴
平成30年:東京逓信病院 初期臨床研修医
令和2年:国立病院機構東京医療センター 精神科 専攻医

宇田川 梨紗

出身大学 カナダMcGill大学理学部
鹿児島大学
■主な経歴
平成31年:国立国際医療研究センター病院 初期臨床研修医
令和3年:慶応義塾大学病院 精神・神経科 専修医

早坂 拓也

得意分野 一般内科
精神科
出身大学 昭和大学
■主な経歴
平成31年:練馬総合病院 初期研修医
令和3年:慶応義塾大学病院 精神・神経科 専修医 

診療対象

内科では、消化器疾患、循環器疾患、呼吸器疾患、生活習慣病を中心に幅広く内科診療を行っています。各部位のX線検査、CT検査、MRI検査などの画像検査に加え、上部内視鏡検査、下部内視鏡検査、気管支鏡検査などの内視鏡検査、腹部、心臓、血管などの超音波検査を行うことができます。 治療においては、一般内科治療から各専門領域の特殊治療まで行っています。

診療方針

患者様の要望に合わせた検査・治療計画にも充分配慮しています。 また、長期療養が必要な患者さんについては、入院治療から在宅治療や療養型病院への移行に力を入れています。高齢者が多い現状をふまえ、入院中から早期にリハビリを導入することによって、高齢者の早期社会復帰を目指してます。
トップへ戻る