グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム > 診療科・部門のご案内 > 循環器内科

循環器内科



医師紹介

関 裕

役職 副院長代行 兼 診療部長 兼 総合内科部長
得意分野 循環器 及び 救急診療
出身大学 聖マリアンナ医科大学

中嶋 直久

役職 循環器科部長
得意分野 循環器病学全般、虚血性心疾患、カテーテルインターベンション
出身大学 順天堂大学医学部

杉安 愛子


吉田 健太郎

役職 循環器科医長
得意分野 虚血性心疾患 心不全
出身大学 川崎医科大学
■主な経歴
平成17年:東京女子医科大学病院
平成21年:榊原記念病院
平成22年:荻窪病院
平成24年:東京女子医科大学病院
平成26年:西新井ハートセンター病院

田村 夏子

出身大学 大分医科大学、東京医科歯科大学大学院
資格 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医

診療対象

  • 心臓の病気(狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全、弁膜症、心筋症など)
  • 血管の病気(大動脈瘤、大動脈解離、肺血栓塞栓症など)
心血管疾患の急性期治療と慢性期の継続的な治療を行っております。疾患原因となる様々な生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病)の治療にも力を注いでおります。

診療方針

特色

様々な画像診断(レントゲン・CT・血管造影など)生理学的検査(心電図心臓超音波など)血液検査などを用いながら、的確な診断と治療方針の決定をこころがけています。虚血性心疾患に対するカテーテル治療は、心臓血管外科で行う冠動脈バイパス手術に比べて侵襲性が低く患者様の負担を軽減できる安全かつ有効な治療と考えております。基本的には、短期入院で治療を行う事ができ退院後も早期に日常生活へ戻ることが可能です。重篤な疾患は大動脈内バルーンパンピング(IABP)等の心肺補助装置を用いた治療にも対応しております。
不整脈の診断治療は不整脈専門医師が担当し、ペースメーカー植え込み術を行っております。特に高齢化とともに増加している心房細動の薬物治療には力を入れております。 近隣の病院や医院とも連携し最前の治療を提供できるようこころがけております。

認定施設

平成30年4月1日より、一般社団法人 日本循環器学会 循環器専門医研修施設として認定を受けました。

循環器センター

ERから外来まで。
急性疾患も慢性疾患も、最新の設備を駆使して対応

診断

最新鋭の血管造影装置を導入することにより、より短時間で最適な治療法を行うことが可能となりました。

技術

全ては患者様の笑顔のために。低侵襲でありながら確実な診断と治療。
人と機械の技術の融合がそこにあります。

チーム医療

患者様に安心で安全な医療を提供するために、多職種からなるチームで一丸となって治療を行っています。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

トップへ戻る