グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


麻酔科


医師紹介

加藤 音羽

役職 医長
出身大学 帝京大学
資格 日本麻酔科学会麻酔科専門医

診療対象

麻酔管理とは

1. 術中・術後の強烈な痛みを取り除く。
2.手術時の危険から命を守る役割。
  麻酔科学が発達した今でも、術中大きな危険が潜んでいます。除痛と同じく「命を守る」働きが欠かせません。

診療方針

安全な麻酔には的確な情報入手と、麻酔プランが欠かせません。これを術前回診で行います。『術前回診』では、あらかじめ手術や麻酔にかかわる情報を詳細に調べ、把握します。また、患者様やご家族と面会し、その人にあった麻酔について判断しご説明をいたします。緊張や不安をやわらげるため、どんなことでも遠慮なくお尋ね下さい。 当院では、手術担当医の説明後に、麻酔の説明をいたします。できればご家族同伴でお話の機会を持ちたいと考えています。
『麻酔記録』とは術中の安全管理に必要な情報を継時的にまとめた記録表をいいます。生命徴候(バイタルサイン)である血圧・脈拍・呼吸数・体温・尿量・意識などの情報を記し使用した薬や出血量、輸液量などを書き加えます。 麻酔記録を見ることによって、患者様の状態を総合判断し早期対応に繋げることができます。
今は「安全」、「快適」、「確実」といった言葉が当然のように麻酔にも投げかけられています。日々そうした目標に近づくべく努力する所存です。
トップへ戻る