グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム > 病院紹介 > 医療の質の向上に向けた活動

医療の質の向上に向けた活動


みなみ野病院では、「選んでよかった」病院を目指して、医療の質の向上に向けた活動に取り組んでいます。
医療の質の向上に向けた活動とは、患者様やご家族様、職員の安全確保に向けた取り組み、感染制御に向けた取り組み、診療の質の向上に向けた取り組み、医療サービスの質の向上に向けた取り組みなどがあります。みなみ野病院では以下の委員会を設置しこの取り組みを積極的に進めています。

医療安全

院内での安全かつ適切な医療の提供体制確立のため、各部署にセーフティーマネージャーを配置し、インシデントやアクシデントレポートの集計・分析・対策の強化、現場へのフィードバックなど、医療安全に関する日常活動を行っています。また、個々の安全意識の向上を図るため、院内・外の研修などにより、職員の安全に関する知識・技能の向上を継続的に行っています。

感染対策

院内の感染防止を推進するため、ICT(感染制御チーム)を中心に感染対策の推進や職員への指導、教育などを行います。また、医療関連感染への取り組みとして現場のモニタリングを行い抗菌薬適正使用などの助言を行います。全職員が正しく感染防止対策が日常的に実施できるよう、定期的なラウンドや職員研修を行うなど、組織横断的に院内感染対策を行います。

ES(職員満足度)・PS(患者満足度)

ES・PSの向上のため、アンケートなどを通して現状の分析を行い、満足度の向上を図るための活動を行います。具体的には職員満足度を向上するために頑張っている職員の表彰(みなみ野病院 みんなで選ぶMVPアワード)の実施や、定期的に患者様やご家族に対して満足度調査を行い、職員にフィードバックを行うと共に患者満足度を上げる改善活動につなげます

品質管理室

医療の質向上や分かりやすい医療情報を提供するため、病院の機能や診療の状況などを数値化した臨床指標(CI:Clinical Indicator)の管理や「第3者評価機構」による病院の評価制度を通して組織横断的な質改善活動を推進していきます。
トップへ戻る