グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム > 骨折・手外科センター

骨折・手外科センター



診断と治療

上肢の痺れや痛みなどでお困りの方はご相談ください。

かかりつけ医からの紹介

かかりつけ医との連携

主治医の皆様、骨折の手術や手外科治療の紹介をお受けいたします。
専門医の治療後は、速やかに紹介元にお戻り頂きます。

概要

上肢の痺れや痛みなどでお困りの方はご相談ください

南多摩病院は「地域の住民の方々に良質かつ安全な医療の提供」を通して地域社会に貢献することを社会的使命と考えています。本格化する少子高齢化社会、人々の健康に対する価値観やニーズが多様化する時代を迎え、一人ひとりの患者さまの権利を尊重しつつ、より安全で信頼していただける医療を目指しております。

当院整形外科は、一般整形外科のほかに「手の外科」を中心に診療を行っており、3名の手外科専門医が所属する八王子市内唯一の手外科認定基幹研修施設であります。手の外科とは、肘関節から指先までの部位に起こる病気に対して診療します。絞扼性神経障害、炎症性疾患、変性疾患に対して基本的に薬物療法や注射などの保存療法を行いますが、難治性のものや筋肉のやせたもの、腫瘤などの物理的な要因によるものなどは手術が必要となります。肩関節も含めた上肢関節鏡を中心とした低侵襲手術、肋軟骨移植による関節再建手術も行っております。手は繊細で複雑な機能を持っているため、高度な知識と技術が必要されます。上肢の痛み、しびれ、運動障害でお困りの方は、ご相談ください。

骨粗鬆症に伴った脆弱性骨折を受傷される高齢者の方が多くなってきています。患者数の増大により手術までの待機期間が延長したり、転送を余儀なくされる場合もあります。他の病院やクリニックとも連携を深め、医師の移動を流動的にすることでこのような医療損失を減少させようと考えております。常勤医と非常勤医師を合わせて11人体制で対応しており、地域要望に応えられるように努力し、社会貢献ができたらと考えております。

医師紹介

泉山 公

役職 副院長 兼 整形外科部長 兼 
 骨折・手外科センター長
得意分野 手外科領域
出身大学 聖マリアンナ医科大学
資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器
リハビリテーション医
日本手外科学会 手外科専門医
■主な経歴
平成8年:聖マリアンナ医科大学医学部附属病院
平成19年:聖マリアンナ医科大学整形外科学助教
平成22年:聖マリアンナ医科大学整形外科学講師

津田 悦史

役職 整形外科部長
得意分野 肩肘手指
出身大学 防衛医科大学校
資格 日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本手外科学会 手外科専門医

平良 貴志

得意分野 手外科領域
出身大学 琉球大学
資格 日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本手外科学会 手外科専門医
■主な経歴
平成10年4月:琉球大学医学部附属病院研修医
平成21年7月:浦添総合病院 医長
平成24年1月:高月整形外科病院 医局長
平成26年3月:四谷メディカルキューブ

認定施設

平成30年2月1日より、一般社団法人 日本手外科学会 研修施設として認定を受けました。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

トップへ戻る