永生会の看護

地域包括ケアにおいては、あらゆる現場の看護師のリーダーシップが求められます。特にキーマンとなる看護職は、訪問看護師と退院調整看護師、そして退院指導を行う病棟看護師です。近年では、在院日数の短縮化、在宅での医療処置レベルの向上などの影響で、医療ニーズの高い在宅療養者が増えており、医療機関と地域の連携は欠かせないものになっています。そのため、病棟から在宅まで、それぞれの看護師が、継続してどのように連携していくかが重要なポイントです。地域は大きく病院の療養ベットとも考えられ、病院は回復後安心して家に帰れるように地域の橋渡しとしての役割が求められるようになっています。地域での看護としては、予防から看取りまであらゆる対象者に対しあらゆる看護を提供しています。

みなみ野病院の看護

八王子市のみなみ野にオープンするみなみ野病院では、多職種連携のチーム医療で病院と地域を結び、「時々病院ほとんど在宅」で安心して住みなれた地域で過ごしていただけるように継続看護を実践します。

永生会の求める看護師像は以下の6つです。

  1. 専門性を追求でき、チーム医療を担える看護師
  2. 地域に根付いた看護を提供できる看護師
  3. 信頼される看護師
  4. 高い倫理観を持った看護師
  5. その人らしい生活を支援する看護師
  6. チーム医療を担える看護師

 緑あふれる八王子みなみ野の地であなたの優しさと笑顔を待っています。

新しい病院でわたしたちと一緒に、地域に頼りにされるすてきな看護を実践しましょう。

「みなみ野病院はあなたの笑顔を待ってます」


みなみ野病院準備室
看護部長 安藝 佐香江

看護師 Q&A

募集要項 ※新病院の場合

就職説明会、随時開催中!

就職説明会、お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ