グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム >  永生病院介護医療院

永生病院介護医療院


介護医療院とは

介護医療院は「生活する場」として長期療養できる施設ですが、医師や看護師が常駐しています。また薬剤師や管理栄養士なども病院と同じように配置されており、必要に応じてリハビリも受けられます。
急性期病院の他、地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟等からの在宅復帰先としての役割を担っています。

当院は永生病院に併設しており、長期的な医療と介護の両方を必要とする方々に「生活するための施設」としながらも「医療」と「日常生活」を一体的にサポートし、快適に暮らせる「住まい」として開設いたしました。わたしたちは医療と日常生活上の支援を提供します。

このような方にご利用いただけます

要介護1~5の方で、病院に入院するほどではないものの、たんの吸引や経管栄養などの日常的・継続的な医学管理等の理由により、在宅や他の介護施設等で支えることが難しい方などがご利用になれます。
*短期入所(ショートステイ)もご利用いただけます。詳細は総合支援室までご相談ください。

医療ケアが必要になった場合は

集中的な入院治療が必要になった場合は、併設の病院へ入院していただく場合もあります。
退院後は再び介護医療院で生活、療養していただくことも可能です。

介護医療院のリハビリ

介護医療院では、日常生活の中で使う能力の維持、向上を目的としたリハビリをおこないます。
起きる、着替える、ベッドから椅子に移動する、食事をする、入浴をするなど、実際に生活する場面において具体的なリハビリテーションをおこなっていきます。

介護医療院の栄養ケア

お一人おひとりのお身体の状態にあった治療食や、かむ力、飲み込む力に配慮したお食事をご提供し、健康な体作りのお手伝いをします。彩りや季節感で「食べる楽しみ」を感じていただけるように毎日のお食事を作っています。また「食」に関するお悩みについていつでもご相談していただけます。