グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ

ホーム >  永生クリニック >  外来リハビリテーション

外来リハビリテーション


新しい可能性を実現するために

スポーツで怪我をした、関節が痛くてつらい、脳卒中の後遺症で悩んでいる、言葉がうまくしゃべれない、退院後もリハビリを続けたいなど、日常生活で困っていることはありませんか。
永生クリニックのリハビリテーション科は、病気や怪我からの機能回復だけを目的にはしていません。リハビリを通じてより良い生活や社会参加へのきっかけ作りなど、自分らしい新たな可能性を見つけてもらえるよう、心とスキルをもって、ひとりひとりに合ったお手伝いをいたします。

特徴

  • 脳血管疾患に対する先進的リハの実施
    (ボツリヌス注射・ニューロリハビリテーション・装具診・シーティングなど)
  • 整形疾患、スポーツ傷害に対するリハビリの実施
  • 広い施設面積と、充実のセラピスト数
  • 高次脳機能障害、失語症に対する生活・就労支援の実施
  • 永生会の各医療・介護保険施設との密な連携と継続したリハビリの実施

脳血管疾患に対するリハビリテーション

脳血管疾患に対するリハビリテーションでは、機能の回復とともに、生活の質の向上や社会参加を考慮した、リハビリテーションを提供しています。

医師・リハビリスタッフによる協力体制

充実した環境で、医師・理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・ 言語聴覚士(ST)がチームとなって治療にあたります。

就労支援を目的としたリハビリ

働くことを目指し、そのための準備を必要とされている患者さまを支援するリハビリテーションや活動を導入しています。

自動車運転の支援

脳損傷後の安全な運転再開を目指し、身体機能評価や神経心理学的評価、ドライビングシュミレーター等の評価を実施して運転再開にあたっての助言を行います。
(お問い合せ:永生クリニック℡042-661-7587 担当西村)

※自動車運転支援の受け入れには下記の条件を満たす必要があります。
事前に主治医へご確認いただいた上でご相談ください。
  • 「一定の症状を呈する病気」脳卒中、高次脳機能
  • 障害に該当する
  • 病気の再発のリスクが低い
  • 運転に支障が出るような薬を飲んでいない
  • てんかん発作のおそれがない
  • 認知症の診断がない
  • 受傷前に運転免許を取得している
  • 視野・視力に問題がない

最新の治療を導入

運動麻痺に対し、ボツリヌス治療、低周波電気刺激装置、ニューロリハビリテーション、シーティングなど最新の理論に基づいた治療を積極的に導入しています。

整形疾患に対するリハビリテーション

ゆとりのあるスペースを生かし、腰痛や膝痛などの各関節の疾患に対するリハビリテーションを提供しています。

個人の身体や症状に即した治療

リハビリスタッフが生活・身体状況を問診、チェックし治療を行っています。また各種物理療法(温熱、電気刺激、水治、牽引など)も充実しております。

スポーツ疾患の治療

ランニング、野球、サッカー、バドミントン、バスケットボール、バレーボール、バレエ等により生じた疾患に対し、スポーツ経験の豊富なリハビリスタッフが治療を担当します。下肢筋力測定、テーピング指導、靴・インソールについても対応しています。特に前十字靭帯再建術後のリハビリには、当クリニックで作成し治療プログラムによりスポーツ復帰までサポートいたします。

永生クリニック 外来リハビリ リーフレット

診療サービスを表記したリーフレット資料はこちらからダウンロードできます。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。