文字の大きさ
永生会の看護
 永生会は急性期看護から慢性期看護、施設看護、訪問看護まであらゆる対象の地域の方々に質の高い看護を提供致します。永生会の看護師は地域住民の方に切れ目のないサービスを提供する調整役として患者様、ご利用者様の声に耳を傾け、日々自己研鑽してまいります。



 地域包括ケアにおいては、あらゆる現場の看護師のリーダーシップが求められます。特にキーマンとなる看護職は、訪問看護師と退院調整看護師、そして退院指導を行う病棟看護師です。近年では、在院日数の短縮化、在宅での医療処置レベルの向上などの影響で、医療ニーズの高い在宅療養者が増えており、医療機関と地域の連携は欠かせないものになっています。
 そのため、病棟から在宅まで、それぞれの看護師が、継続してどのように連携していくかが重要なポイントです。地域は大きく病院の療養ベットとも考えられ、病院は回復後安心して家に帰れるように地域の橋渡しとしての役割が求められるようになっています。地域での看護としては、予防から看取りまであらゆる対象者に対しあらゆる看護を提供しています。


 
 急性期のご病気での救急外来、または一般外来での診察、検査、ご入院まで患者様の急な状況変化に対する不安を最小限にするように看護します。また退院後自宅での生活への不安を軽減できるように退院指導に力をいれ、退院後通院される患者様へはその後のサポートを外来で行います。
 
 
 急性期病院での治療が終了した患者様で、家に帰る事が難しい方や、在宅(ご自宅、施設など)からの患者さまの受入を行っています。患者様の状態に応じた病棟(一般病棟、療養病棟、回復期リハビリ病棟、精神科病棟)で、患者様、ご家族様の気持ちに寄り添った温かい看護、介護をおこなっています。また退院後も安心な生活が過ごしていただけるように、多職種と連携し、在宅復帰にもとりくんでいます。
 
 
 介護法人保健施設では、病気の治療が終わり症状の安定した方が、自立した生活や在宅復帰を目指し生活リハビリを行います。そして在宅へ帰られた後も、ショートスティやデイケアを利用しながら、在宅生活が長く続くよう支援していきます。看護師は生活支援をしながら、いつまでも安定した健康状態すごせるよう、必要な処置やアドバイスを行います。
 
 
 

 家は自分らしく生きられる場所です。思いついたことをするためにごそごそ動き始めます。「危ないから!病気が悪くなるから!・・」といわれても「心に思うことは止められない」周りの人々に支えられ理解され  自分らしく生きる事を応援します。看護とは「その人の自己免疫力を高めるための環境設定」在宅は看護の本質にかかわる仕事です。

 
 
永生会コールセンター
医療関係の皆様へ
病院機能評価