文字の大きさ
ホーム > 訪問看護ステーション > 訪問リハビリ
 通院や外出が困難な方のご自宅に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが訪問し、できる限り自立した生活が送れるように必要なリハビリテーションを行います。
 永生会の訪問リハビリテーションの目的は障害をお持ちの方が在宅で困難なこと(トイレまでの移動、入浴等)、また家周辺で困難なこと(玄関の出入り等)があった時に問題解決に向けお手伝いさせていただくことです。

  関節の動きの改善や筋力向上

  車いす・入浴補助具等の福祉用具の選定、使用方法の検討

  手すり・段差解消等の家屋改修の指導

  対象者に合わせた適切な介助法の検討

  寝返り・起き上がり・歩行能力・着替え・入浴等の改善

  食べる機能の訓練、食事の摂り方の援助

  失語症、高次脳機能障害、構音発声障害の方
 
訪問リハビリテーションのサービスは医療保険でも介護保険でもご利用いただくことができます。
ただし、65歳以上で要介護認定を受けている方は、原則とし て介護保険が優先します。
65歳未満の方や、65歳以上で要介護認定を受けていない方の利用は医療保険での利用となります。
ご利用を希望される方は、かかりつけ医またはケアマネジャーまでご相談ください。
なおご利用いただけるのは、病状が安定していて計画的な医学的管理の下、ご自宅でのリハビリテーションが必要であると医師が判断した方となります。
永生会コールセンター
医療関係の皆様へ
病院機能評価