文字の大きさ
ホーム > 訪問看護ステーション > 訪問看護
 訪問看護は、看護師が疾患のある方のご自宅を訪問して、かかりつけ医の指導に基づいて、療養上の世話や診療の補助を行います。
 永生会の訪問看護ステーションは、開設時から24時間365日の体制をとってきました。夜間の発熱、息苦しさ、様子がいつもと違う、あるいは転倒し骨折しているかもと、様々な緊急コールがあります。
 永生会では豊富な知識と経験を兼ね備えた専門の看護師が、これらの状況に即座に対応します。誰かに繋がり、相談できることが在宅介護の支えになります。『何かあった連絡くださいね』が挨拶です。
誰かに繋がり、相談できることが在宅介護の支えになります。「何かあったら連絡くださいね」が挨拶です。

  病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍等のチェック

  入浴・排泄(人工膀胱・人工肛門)・食事等の介助

  床ずれ防止の工夫、床ずれの手当

  がん末期や終末期でもご自宅で過ごせるための援助

  かかりつけ医の指示に基づく医療処置

  在宅酸素・人工呼吸器(気管カニューレ・留置カテーテル)等の管理
 
 永生会の訪問看護ステーションは、ご利用者様の状態により緊急の対応が必要な場合、24 時間365 日、看護師との連絡体制をとることができます。  
訪問看護は、医療保険や介護保険で利用することができます。
医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合もかかりつけ医の指示書が必要となります。
  赤ちゃんからお年寄りまで年齢に関わりなく訪問看護を利用できます。訪問看護の利用を希望される場合は、かかりつけ医にご相談ください。訪問看護ステーションでは、かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に基づき、必要なサービスを提供します。
  要支援、要介護認定を受けた方は、ケアマネジャーに相談し、居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。かかりつけ医はケアマネジャーからの依頼に基づき「訪問看護指示書」を訪問看護ステーションに交付し、必要なサービスが提供されます。
永生会コールセンター
医療関係の皆様へ
病院機能評価