文字の大きさ
永生会について
ホーム > 永生会について > 理事長ご挨拶

医療法人社団永生会は、昭和36年に21床の個人病院を東京都八王子市に開設以来、半世紀以上にわたり、皆様の健康を守る医療機関として日々活動に邁進してまいりました。

 

『人々に質の高い、安心な、やすらぎにあふれた、*リハビリ・マインドのあるヘルスケアサービスを提供します。』を永生会理念として掲げ、安全で質の高い医療、看護、介護を率先して実践することが、患者さま、利用者さまへの最大のサービスであると考えています。

 

これから急速に進行する少子高齢化社会の中においては、医療機関に求められる期待も大きく変化して行くことが予想されます。

 

医療は、これまでの「病院完結型」から、患者さまが住み慣れた自宅や地域で暮らし続けられるように、①医療②介護③介護予防④生活支援⑤住まいの5つのサービスを、一体的に受けられる支援体制=「地域包括ケアシステム」に変わらざるを得ないことでしょう。

 

団塊の世代が75歳を超える2025年には日常生活に支援や介護が必要な認知症高齢者が470万人へ増えると予想されており、高齢で慢性疾患を抱えていても地域で暮らせる仕組みの構築は急務になっています。

 

又、永生会では『これからは医療や介護を通じて「街づくり、人づくり、想い出づくり」が必要であると考えています。
特に想い出づくりは重要で、医療や介護のサービスを受けた側が満足して良い想い出ができた、また医療や介護を提供する側も良いサービスを行い達成感ができたというように、
良い想い出と良い想い出のコラボレーションというのが地域包括ケアの究極の目標になっていくと思います。』

 

皆さまからの声を常に聞きながら、地域への貢献に向け職員一同頑張る所存ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 



永生会コールセンター
医療関係の皆様へ
病院機能評価