文字の大きさ
外来リハビリ
ホーム > 永生会のリハビリ > 外来リハビリ
外来リハビリは、主治医の指示のもとに提供しております。
ご希望の方は、まず南多摩病院もしくは永生クリニックで受診していただきます。




  発症時の保存療法や回復期リハビリに継続したリハビリを実施します。
  自宅で困難な生活場面を安全に生活できるようアドバイスします。
(装具の使用、歩行器・車いす・福祉用具の選定など)
  自分の体の自己管理をできるように自宅トレーニングの指導をします。
  身体機能、日常生活活動、高次脳機能評価を定期的にチェックします。



  脳血管障害(脳卒中後遺症など)、パーキンソン病、多発神経炎など
失語症、廃用症候群など
  骨折、脊髄損傷などの麻痺、関節の変性、炎症性疾患など ・・・
 
 
・言語聴覚療法・作業療法・物理療法・理学療法
理学療法とは
 脳卒中後遺症やパーキンソン病などの運動療法の指導、変形性脊椎症・変形性膝関節症・肩関節周囲炎などの痛みの軽減やコンディショニング、交通事故やスポーツ障害などに対する機能回復訓練を行います。
物理療法とは
 温熱・電気・牽引療法などにより、外傷・関節炎・神経炎などによる筋のスパズム緩解や鎮痛を図ります。
作業療法とは
 食事や入浴など、実際の生活場面でお困りの方に対し、日常生活訓練や、自助具・福祉機器の導入、生活環境整備に対するアドバイスを行います。
また障害を持った状態でも可能な作業活動を提供し、生きがい・趣味の一環として、生活の質を向上できるようにサポートいたします。
言語聴覚療法とは
 話す、聞く、読む、書くなどのコミュニケーションの問題や、食べることの問題でお困りの方に、指導・訓練・支援を行います。


●永生クリニック_外来リハビリ_リーフレット

 

診療サービスを表記したリーフレット資料はこちらからダウンロードできます。

→永生クリニック_外来リハビリ_リーフレット

 

 

永生会コールセンター
医療関係の皆様へ
病院機能評価